株式投資/不動産投資セミナー

今の新興市場で有効なスイングトレードのテクニックとは?

今の新興市場で有効なスイングトレードのテクニックとは?
円塾home基本理念株式投資IPO外国為替証拠金取引不動産投資会計起業ネット証券比較外国為替FX比較エンジュク投資日記ステーション
新着投資教材ガイド投資セミナー投資無料レポート講師起業奮闘記相場格言エンジュク株式会社会社概要投資セミナー実績採用株式投資日記
浜口準之助の低位バリュー株投資 フリーパパのてーげー投資ライフのすすめ システムトレーダー土屋賢三の日記 相場博士の相場予測&投資学習ブログ 現役アナリスト西村剛の(企業)定性分析 角山智の割安成長株投資術 avexfreakのスイングトレード日記 DAIBOUCHOUの超成長株ブログ びびりおんのスイングトレード日記 はっしゃんのスロートレード研究所 梶田政人の新『元手100万円を倍にする』 早川圭の常勝バリュー投資日記 クリオのスイングトレード 夕凪のイベント投資日記 池田悟のFXシステムトレード日記 あいこの相場虎の穴 investerの新興市場株投資日記 斉藤正章のシステムトレード日記 最強投資家の日記 徳山秀樹の株デイトレード連勝日記 神田隆のIPO株当選日記 照沼佳夫のヘッジファンドマネージャー日記 幸せな投資家の株式投資日記 一角太郎の先物投資日記 増田丞美のプロが教える優位なオプション
2007年05月31日(Thu)
今の新興市場で有効なスイングトレードのテクニックとは?


 新興市場が底堅い動きをしていて、
 JASDAQ指数を見ると、上値抵抗線と25日移動平均線を
 力強く抜けてきました。


 新興市場は、いよいよ本格的な上昇相場入りでしょうか!?


 これには、あるきっかけがあると思います。


 これを象徴する出来事はというと、先週5月23日に起こった
 マザーズに第一号で上場したインターネット総合研究所(IRI)の
 上場廃止だと思います。


 インターネット総合研究所といえば、IT企業の先駆けともいえる企業で
 上場直後は、PER数百倍といった評価をされていました。



 しかも、IRIユビテック、ブロードバンドタワーなど、
 数社の上場企業を傘下に持つグループ会社でしたが、


 傘下の上場企業であったIXI(アイ・エックス・アイ)が架空取引により、
 業績を問題視されたのをきっかけに上場廃止。
 そして、ついにIRIも上場廃止となりました。


 後を追うようにして、大証ヘラクレスでも、
 25日にサンライズ・テクノロジーが上場廃止となりました。


 ニュースなどでも、新興市場の業績問題などを取り扱う際に、
 新興市場の脆弱さを取り上げています。


 これを機に、新興市場の業績開示が厳しくなり、
 業績予想の確度も上がってくれば、
 投資家からも新興市場の銘柄が見直されるかもしれませんね。


 さて、今後の新興市場の動きについては、この投資家の
 見解は見逃せません。


---梶田氏のブログより抜粋

 東証1部は中長期投資でない限り、様子見が無難でしょう。
 それに対し、新興市場は逆の動きになっています。


 すなわち、18日の金曜日、あるいは21日の月曜日の安値を底に反発に
 転じており自律反発局面入りしています。


 特に目を引くのは、安値から50%近くも上昇している
 インデックス(4835)や、同じくサイバーCOM(4788)など
 貸借銘柄の上昇です。


 明らかに売り方の買戻しを狙った買いが入っており、
 貸借銘柄というくくりで物色されている状況です。


 背景には、インデックスの投資判断を大和証券が引き上げた、
 というきっかけがあるのですが、


 東証をはじめ証券業界関係者が、株価下落の続く新興市場を懸念し、
 いろいろな対策を打たなければ、という危機感を表明するように
 なってきていることも、重要な状況変化といえます。


 ジャスダック市場に新たな新興市場ができるのもその一つの表れといえます。


 さらに、マザーズ上場第1号のIRIが上場廃止決定された、というのも、
 これまた象徴的な動きといえ、大きなトレンド転換のきっかけとなるには
 ふさわしい材料といえるでしょう。


 以上のことを考えると、18日、あるいは21日の安値が、
 目先の安値となるだけでなく、中長期的にも、歴史的な安値になる可能性が
 出てきたといえるでしょう。


 その点は今週の新興市場の動向を見るとある程度判断できるのではないかと
 見ています。もし今週新興市場指数が週足チャートで大陽線を立てるようだと、
 その可能性は一段と強まります。


 そんな新興市場の状況なので乗らない手はありません。
 直近の安値を下回ってくるまでは強気で対処が得策でしょう。


詳しくはこちら
http://kajita.enjyuku-blog.com/archives/2007_05_100345.html

---

 この梶田氏の投稿は、28日月曜のものですが、
 この予想どおり、新興市場は歴史的な安値になる可能性が出てきたのかも
 知れません。


 この中で、狙う新興市場の銘柄、戦略はというと、、、


 ・好業績でありながら、来期予想を堅く見積もっているため売られている銘柄
 ・新興市場の一方通行のトレンドに沿ったスイングトレード


 現に、これを実践している投資家がいます。


 avexfreak氏は、徹底したリスク管理を行ったトレードを実践しています。
 なおかつ、自身で四季報を調べ、好業績の銘柄に絞って、
 トレードを行っています。


 具体的には、avexfreak氏は弊社のブログで以下の銘柄を
 狙っていると述べています。


 ---avexfreak氏のブログより
 私が今回の四季報で注目しているのは、2009年3月期の
 経常増益率が高い銘柄と、ここ3ヶ月以内に上場された銘柄で
 初めて来期予想が掲載される銘柄のうち来期の経常増益率が高い銘柄です。

 詳細はこちら
 →http://avexfreak.enjyuku-blog.com/archives/2007_05_post_112.html


 好業績ながら売られすぎている銘柄は、
 一気に買われる可能性が高いと思います。


 この手堅い戦法と、avexfreak氏のトレードテクニック、
 リスク管理のノウハウを身につければ短期トレードで怖いものはありません。
  ↓   ↓
 http://navi.enjyuku.com/archives/2000_01_2011607.html




リンク
¥塾ブログTOPページ

最近の日記

日記別に読む

¥塾ブログTOPページ

2007年5月
   
31    

過去の日記
2004年 (51)
9月 (1)
10月 (19)
11月 (18)
12月 (13)
2005年 (490)
1月 (10)
2月 (12)
3月 (25)
4月 (28)
5月 (27)
6月 (53)
7月 (86)
8月 (74)
9月 (68)
10月 (46)
11月 (35)
12月 (26)
2006年 (191)
1月 (12)
2月 (18)
3月 (11)
4月 (24)
5月 (10)
6月 (18)
7月 (10)
8月 (22)
9月 (35)
10月 (11)
11月 (14)
12月 (6)
2007年 (63)
1月 (11)
2月 (4)
3月 (13)
4月 (12)
5月 (14)
6月 (3)
11月 (6)

RSS/Powered by 「のブログ

Copyright (C) 2003-2006 エンジュク株式会社  Mail:info@enjyuku.com 電話:03-3556-1251

[PR:不動産投資の収益物件検索サイト